こんな姉妹どーですか? イメージ画像

更新情報

今回の旅でお邪魔したのはミシュラン自然ガイドにも掲載されている川平湾の近く、川平地区です。有名な川平湾。川平ブルーに惹きつけられます。家から歩いて10分でこの景色☆昼間の時間帯は観光バスがどんどんやってくるので人のいない早朝と夕方手前にお散歩しました。ここ
『育休移住@石垣島 写真』の画像

ほとんどが離乳食を作る前提の持ち物ですが。そんな中でもぶっちぎりの1位は安定の電動鼻水吸引器です。出発したのが2019年2月1日。東京に雪が降って大騒ぎになった次の日です。いやはや極寒。そんな場所から天気がいいと台湾が見えちゃうような暖かな地へ移動したら、私以外
『育休移住@石垣島 4』の画像

育休移住にかかった費用と節約した点をドドンと公開しちゃいます!まず1番大きいのが住居費。住む場所は「長期滞在」「マンスリーマンション」「貸別荘」などのキーワードで検索し、 費用と場所で選びました。2月の石垣島は閑散期なので、長期滞在割引をしてくれる宿が多いよ
『育休移住@石垣島 3』の画像

2011/3/11の東日本大震災から8年。何事もなかったのかのように押し黙らされているけど、未だになにも解決していないし、オリンピックに踊らされ、統計不正は開戦前夜みたい。どうしてこんななんだろう。あれ以来私は災害時に寄付をするようになりました。大した額は出せませ
『震災から8年』の画像

前回からの続きです。移住と言えども、住民票を移すわけではなく、あくまでもプチ移住。乳児健診や予防接種のスケジュールをかいくぐって予定する必要があります。また上の子の重要な保育園イベントがある時期を外さないといけないし、夫は大学講師の仕事もしているので学生
『育休移住@石垣島 2』の画像

2月は石垣島で南の島生活を送ってきた君野一家です。このイラストを描いたのは2月なのでちょっと時系列がおかしくなっている部分がありますが、あまり深く考えず読み流していただければと思います。「育休移住」ってご存知ですか?文字通り、まとまった休みのある育休中に普
『育休移住@石垣島 1』の画像

お子さんのいるお家のお母さんはどんな時に美容室に行ってますか?私は「限界を感じた時」です(笑)一度美容室に行ったらあとは出来る限りセルフメンテ。それでもにっちもさっちも行かなくなった時になってようやく美容室に行きます。だって、無理。子供の世話、家事、仕事を
『神対応のママ美容師さん』の画像

先だってTwitterにのせましたが、1ヶ月間の滞在中、雨の日以外はほぼ毎日こっちゃんとビーチコーミングをして拾ってきた貝殻で作ったこちらのオブジェを合計8名の方にプレゼントします!あと、夕焼けバージョンが増えました!←New!青は滞在していたアパートの近くの入江をイ
『海の色のプレゼント』の画像

親から見るとそっくりなお顔の姉妹なのに、「全然顔違うよね!」と言われます。何がそんなに違うかというと、こっちゃんは気合の入ったおハゲさんだったのに対して、うーちゃんは産まれたてでもフッサフサ。そしてこっちゃんの髪の毛は明るい栗毛色でふわっふわ。うーちゃん
『髪の毛は印象を左右する』の画像

入浴剤大好き4歳児。お風呂に入ろうって声かけてもグダグダして入らないときがりますが、入浴剤入れていいよ!と声をかければ即すっぽんぽん!そんなこっちゃんの名言「バブ(入浴剤)は目に見えなくなるけど(中略)ここにあるんだよ」 なんだか真理を突いているようで、深いん
『こっちゃんの名言(?)』の画像

↑このページのトップヘ